超簡単!ジップロックで少量から作れる手作り味噌の作り方 


短時間で簡単に少量から作れる手作り味噌の作り方

【材料】(ジップロック中サイズに約8個分)

生大豆 1kg

生麹 1kg

塩 450g

種汁(大豆の煮汁)200cc

スポンサーリンク

【作り方】

1)大豆を水に漬ける

大豆を水洗いし、約4倍量の水に浸して一晩置きます。

2〜3倍に膨れるので大きめのボウル、または鍋を用意しましょう。

2)豆を煮る

最初は弱火で、煮立ったら弱火に。約4時間程、差し水をしながら豆が十分柔らかくなるまで煮ます

大豆はざるにあげ、煮汁はとっておきます。

3)麹に塩を混ぜておく

豆を煮ている間に麹の塩きりをします。麹はよくほぐし、分量の麹と塩を混ぜ合わせておきます。

4)豆をつぶす

大豆は熱いうちにフードプロセッサーなどでつぶします。餅つき機、ミキサー、ハンドミキサーなどでもできます。なければ、もちろんすり鉢や袋に入れて上から潰しても。豆の粒を残したければ好みのつぶし具合を調整してください。写真は餅つき機。

5)大豆と麹を合わせる

4)の大豆が温かいうちに、3)の塩切りをした麹を合わせます。大豆の煮汁を加えながら、耳たぶくらいの柔らかさにします。

6)ジップロックに入れる

適量(ジップロック中サイズで500g)をジップロックに入れ、テーブルの上でとんとんと叩き、空気を抜きます。

最後にジップロックの中の空気を抜き、しっかり密閉します。

 

あとは自然にまかせて待ちましょう。

暗くて風通しのよいところで約半年〜1年寝かせます。

仕込んでから5〜6ケ月五(梅雨明け)に、「天地返し」をします。カビを取り除き、全体を混ぜます。こうすることで空気が入り、麹菌が元気になり、水分と塩分を均一にします。

ジップロックに小分けで作ると、容器から移し替えないでそのまま使えるので大変便利です。

お子様と一緒に、無添加の自家製味噌を是非手作りしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 


The following two tabs change content below.
料理研究家(オーガニックを主体とした野菜料理を中心にナチュラルなライフスタイルを提案) 2005年に海と里山がある秋谷に移住。地物の新鮮な季節の野菜が手に入る場所で野菜の料理に目覚める。【Eat locally.Think globally】をモットーにに国産野菜の恵みを最大限に味わえる料理を探求。ケータリングを経て、オーガニック惣菜・弁当の店、「ピクニック・デリ」を葉山に2013年にオープン。「あなたが食べたもので身体は作られる」食の大切さを感じ、音楽プロデューサー小林武史氏が手がける千葉の有機農場で食のプロデュースを行う。 心身の健康と食の関わりについてイベント、料理教室などを開催。 千葉県君津市在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください