マンマの味!トマト缶を使った手作りミートソースとミネストローネのレシピ


トマト缶で手作りミートソースとミネストローネ

不安定な気候で野菜が高い!こういうときには是非缶詰を使いましょう。栄養豊富で子供も大人も大好きなトマト缶を使った煮込み料理をご紹介します。

イタリアではミートソースもミネストローネも家庭料理。マンマの味です。じっくり時間をかけて煮込んだ手作りミートソースとミネストローネの簡単レシピです。

スポンサーリンク

ミートソース

【材料】

・牛豚合い挽き300g

・玉ねぎ1個(みじん切り)

・ニンニクひとかけ(みじん切り)

・トマト缶 1缶

・オリーブオイル

【作り方】

1.トマト缶はホールでもダイスでも。まずフードプロセッサーにかけてソース状にしておきましょう。

2.ニンニクと玉ねぎのみじん切りをフライパンに入れてオリーブオイルを少し多め(大さじ3程度)入れて、火にかけます。弱火〜中火です。

3.玉ねぎが透き通ったら、合い挽き肉を入れます。ひき肉の油がじわっと出てくる位、ゆっくりと炒めます。

4.フードプロセッサーにかけたトマトソースを加えます。塩小さじ1/2、胡椒で味を整えます。もしあればベイリーブス(月桂樹の葉)やオレガノを加えましょう。

5.水分が飛ばないよう、蓋をして、弱火で20分煮ます。最後に味を見て、酸っぱすぎるようだったら砂糖、もしくはトマトケチャップを少し加えます。

あとはパスタと和えて。

ミネストローネ

【材料】

・ニンニクひとかけ(みじん切り)

・玉ねぎ1個(みじん切り)

・セロリ1本(みじん切り)

・トマトソース(トマト缶をフードプロセッサーにかけたもの)1缶分

・水 4カップ

ここまでが基本のミネストローネの材料です。あとは冷蔵に残っている野菜、ベーコン、ハム、ソーセージ、豆、キヌアなど。野菜は全て小さく切って大きさを合わせましょう。

【作り方】

1.ニンニクのみじん切りと玉ねぎのみじん切りをオリーブオイル大さじ3程で炒めます。(中火〜弱火)

2.玉ねぎが透き通ったら、他の材料を煮えにくい野菜から加えます。こげないようにじっくり炒めます。

3.味付けは塩小さじ1/2、胡椒のみ。

4.水分が飛ばないよう蓋をして20分ほど煮込みます。

写真は冷蔵庫整理で、人参、ごぼう、白菜、舞茸、水煮大豆が入っています。

 

ポイント

・オリーブオイルで野菜の旨味を引き出すよう、弱火から中火でじっくり炒めます。

・トマトと時間をかけて煮込むことで、トマトの旨味が出ます。

・味が薄いと感じても塩を足すことは極力せずに。食べるときに粉チーズをたっぷりかけ、粉チーズの塩分で味を整えましょう。

 

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.
料理研究家(オーガニックを主体とした野菜料理を中心にナチュラルなライフスタイルを提案) 2005年に海と里山がある秋谷に移住。地物の新鮮な季節の野菜が手に入る場所で野菜の料理に目覚める。【Eat locally.Think globally】をモットーにに国産野菜の恵みを最大限に味わえる料理を探求。ケータリングを経て、オーガニック惣菜・弁当の店、「ピクニック・デリ」を葉山に2013年にオープン。「あなたが食べたもので身体は作られる」食の大切さを感じ、音楽プロデューサー小林武史氏が手がける千葉の有機農場で食のプロデュースを行う。 心身の健康と食の関わりについてイベント、料理教室などを開催。 千葉県君津市在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください